It learns in coffee.

珈琲について考えます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドリップとカフェプレス

ロデムさんとkickさんのマンデリン&タンザニアを飲んでみました。
送っていただきありがとうございました♪

タンザニア・オルディアニは
僕、ロデムさん、kickさんのも
焙煎度にそんなに大きな違いがありませんでした。
味も、カッピングをしてみましたが(これはやり方がいまいちよく解かっていません)
ほとんど同じ感じで、違いは自分が焼いたときの誤差の範囲で
どれが一番良いかは判断つきませんでした。
自分のものも初めて焼いたときのタンザニアですが、
この時のはかなりイメージどおりに焙煎できたと思うので
このタンザニアの焙煎はそんなに悪くはなかったと思います。

それで、困ったのはマンデリン・シボルガです。
これはどう考えても、kickさん、ロデムさんの方が美味しかったです。
理由も解かります。
kickさん、ロデムさんのマンデリンはドリップを想定して
焙煎されているからだと思います。
どちらもやや深め、自分のはそれよりやや浅めです。

ペーパードリップで飲んでみると、マンデリンの特徴がよく出ていて
kickさん、ロデムさんとも、どちらも美味しい珈琲だと思いました。

カフェプレスで比べると、どれもあまり好きな珈琲の味ではありませんでした。
普段、カフェプレスを想定して焙煎するので
深めにしすぎると、カフェプレスで淹れた場合にあまり良い味にならないように思います。
かといって、より浅くしたからといって
この豆はより良い味になるとはあまり思えません。
やはりやや深めに焼いた方が豆の良さを出せる気がしました。
そのためカフェプレスだけを想定すると、この豆をどう焙煎してよいのか解かりません。

それで感じたことなのですが、
カフェプレスは豆によって向き、不向きがあると思います。
苦味があまり好きな感じには出せないと思います。
多分余計な味が抽出されてしまうからです。

マンデリン・シボルガは、
やや深めで苦味を出した方が良さそうなことから、
これはドリップなどで抽出するべき豆で、
余計な味が抽出されてしまうカフェプレスには
不向きな豆だと思いました。

また逆に、味を出来るだけたくさん出した方がよく、
カフェプレスを使った方が良いという豆もあると思います。
以前飲んだコロンビアのロス・ノガレスという豆は
ドリップで抽出してしまうと味が減ってしまって勿体ないと思ったことがあります。

ここで一つ常々感じていること、
「カフェプレスで美味しければ、ドリップで美味しくないことはない。」
「ドリップで美味しくても、カフェプレスで美味しくない場合もある。」
「これらは完全に違う珈琲の楽しみ方で、豆や焙煎度などによって違う抽出方法を考える必要がある。」

これらは個人的に感じていることで、間違っているかもしれませんが・・・。

抽出方法は、ひとつだけではなくいろいろな方法で抽出し、豆によって抽出方法を変える事で、珈琲がより幅広く、美味しく楽しめるのではないかと思います。

今後はドリップでもより美味しく飲める方法を研究していきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/03(金) 01:11:39|
  2. 抽出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ペーパードリップでの抽出 | ホーム | 焙煎記録 28.02.2006>>

コメント

地方交付税と30代,40代の転職

地方交付税とは、本来地方税として徴収される税金を一旦国が徴収し、再び地方に再配分する制度のことをいう http://farthermost.misterblackband.com/
  1. URL |
  2. 2008/09/07(日) 07:26:43 |
  3. #-
  4. [ 編集]

システムキッチン

システムキッチンを探すなら http://www.karakustr.com/215783/210243/
  1. URL |
  2. 2008/10/08(水) 22:54:14 |
  3. #-
  4. [ 編集]

自動車リサイクル法と30代,40代の転職

自動車リサイクル法とは、自動車メーカーなどに廃車の再資源化、リサイクルを義務付ける法律 http://lamp.misterblackband.com/
  1. URL |
  2. 2008/11/23(日) 00:00:03 |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://theftones.blog49.fc2.com/tb.php/18-edee170a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

chiba@theftones

Author:chiba@theftones
珈琲の焙煎をはじめてまだあまり長くありません。
いろいろな方に珈琲を教わりながら
珈琲を勉強しています。
珈琲に関することをここに書いていきます。
間違いなど多くあると思うので
ご意見やご指摘を頂けるとありがたいです。
自分の為に書いているので
ここに書く内容は大変つまらないものではないかと思います。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。