It learns in coffee.

珈琲について考えます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スターバックス成功物語

数年前、珈琲にあまり興味がないときにビジネス書として読みました。
珈琲に興味を持ったのは、もしかするとこの本の影響もあるかもしれません。
今、珈琲の本としてもう一度読み直したらまた面白いかもしれないです。
全体の内容はあまり正確には覚えていませんが、とても印象的な一行があります。
63ページの「人生の情緒を楽しむにはイタリアに行くのが一番よい」です。
ハワード・シュルツ氏はこのイタリアへの旅をきっかけにしてスターバックスを発展させたと書いています。

「イタリア人ほど日常生活を楽しんでいる国民はいないだろう。」
「イタリア人は仕事だけでなく、くつろぎと人生を楽しむことの大切さを知っている。」
「イタリア料理は信じられないほど素晴らしい。」
「イタリアの建物にも圧倒される。」
「イタリアのファッションは今でも優雅さで世界をリードしている。」

と、珈琲だけでなくイタリアのすべてに相当な衝撃を受けたようで、これを読んだ僕も「イタリアというのはそんなに凄いところなのか!」と思いました。

僕がその後、過労で精神的に参ってしまったときに、この言葉を思い出して
自分の生き方というものを考えてみて、何か間違っているような気がしました。
日々仕事に追われて一生懸命働いていることは、多分良い人生ではない。
何か目的を持って、人生を楽しむ努力をするべきだと考えるようになりました。

そんなことで、珈琲にも惹かれるようになったように思います。

スターバックスについては、珈琲の世界や社会に対する影響がとても大きくなり、賛否両論あるかと思いますが、
僕個人としては、この本やスターバックスにとても影響を受け、珈琲やイタリアに興味を持つことができたし、何より生き方について色々考えることができたという意味でとても感謝しています。

スターバックスの珈琲についても、それまで珈琲にはそれ程興味がなかったので、珈琲といえばスーパーで売っているような珈琲とたまに喫茶店やカフェで飲む浅めのアメリカンなどの珈琲で、これだけ深めの珈琲というのは飲んだことがなかったと思います。

飲んだことがなかったので、スターバックスの質の良い深めの珈琲をはじめて飲んだときはとても衝撃を受けました。
はじめて飲んだのは仙台のスターバックスで、確かケニアと言われたように記憶しています。
それを飲んで、珈琲はこんなに美味しいものだったのかと思いました。

今はスターバックスよりも美味しい珈琲も、中にはあることが解かりましたが、時々スターバックスの珈琲を飲むとけっこう美味しいと思います。

スターバックスの珈琲がどうして深いか?ハワード・シュルツ氏がイタリアに行ってから深くなったのではなく、創業者の3人がアルフレッド・ピートという人に珈琲を学んで、元々深めの珈琲を売っていたようです。

アルフレッド・ピートという人のこともそれまで知りませんでしたが、
浅い、質の悪い珈琲が主流だったアメリカで、質の良い珈琲を輸入して欧州で飲まれているような深めの珈琲を出していた「ピーツ・コーヒー&ティー」というお店がスターバックスのルーツでもあるようです。

アルフレッド・ピート氏については、
マーク・ペンダーグラスト著「コーヒーの歴史」の最初でも「コーヒーにかけては、この上なく貧欲なアルフレッド・ピートに。」と書かれていることからも、その影響力はとても大きかったのではないかと推測できます。
この方が、質の良い深焼きのヨーロッパ風の珈琲をアメリカで出したことがスターバックスを大きくし、日本のスターバックスで深焼きの珈琲をはじめて飲んだ僕が、今、珈琲の虜になっているということにはとてもロマンのようなものを感じます。

だから、スターバックスと「スターバックス成功物語」は、僕にとってはとても重要でありがたいものでした。

イタリアには、まだ行ったことがないのでいつか行ってみたいと思っています。
珈琲には、これからもずっと関わっていければいいと思います。

この本は、もう一度読み直してみようと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/18(土) 03:30:51|
  2. 参考書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<ハンドピッキングについて | ホーム | 焙煎記録 17.02.2006>>

コメント

おはようございます。
私もスターバックスのコーヒー、おいしいと思っています。
確かに自分で生豆を選んで焼いて、焙煎後、日を置かずに飲むコーヒーはおいしいですが、スタバは鮮度にこだわらないような自家焙煎店よりも上質のコーヒーを提供していると思います。
エスプレッソも旨いですし。

>日々仕事に追われて一生懸命働いていることは、多分良い人生ではない。
何か目的を持って、人生を楽しむ努力をするべきだと考えるようになりました。

同感です。常々そう考えている自分は負け組みのような気がしないでもないですけど(笑)
  1. URL |
  2. 2006/02/18(土) 08:18:25 |
  3. クルンテープ #sSHoJftA
  4. [ 編集]

こんにちは。
私もスターバックスのカフェラテなんかは好きです。(ドリップ珈琲ではなかなか当たりにめぐり合いませんが)
イタリアは行った事ありませんが,バールなんかが何処にもある(と聞きます)ようにカフェを楽しむということが生活習慣として根付いているのでしょうね。
日本でスタバが流行ったのは,スタバに行くことがかっこいいみたいなところがあったせいかなと思ってます。(偏見ですかね)
そこで、スタバが流行=カフェも流行の間はいいのですが,スタバがいまひとつになってきたときに,カフェがそのものが流行遅れみたいな風潮にならなければと思ってます。
すいません,なんだか関係ないことをダラダラと書いてしまいましたが,スタバ賛否両論あると思いますが,勉強するところは多くあると思ってます。
  1. URL |
  2. 2006/02/18(土) 10:08:45 |
  3. rucola #YD14tAto
  4. [ 編集]

こんにちは、

>僕がその後、過労で精神的に参ってしまったときに、この言葉を思い出して
>自分の生き方というものを考えてみて、何か間違っているような気がしました。
>日々仕事に追われて一生懸命働いていることは、多分良い人生ではない。
>何か目的を持って、人生を楽しむ努力をするべきだと考えるようになりました。


チバさんのこの文章は、ここ数年の僕の気持ちと全く同じです。
そして、僕もこの人生の楽しみのなかに『珈琲』を加えて、
豊かな人生にしていきたいなと考えるようになってきました。

  1. URL |
  2. 2006/02/18(土) 14:23:48 |
  3. ロデム #j6qhiXM6
  4. [ 編集]

>クルンテープさん

スターバックスは、最初ものすごく美味しいと思っていたので当面の目標にしていました。
焙煎をするようになってからは、それの鮮度があまり良くないというのも理解できるようになって来たのですが、豆の本来持っている味が良い感じはするので、やっぱり結構美味しいと思っています。(出される豆にもよりますね)
スターバックスは美味しくないという友人もまわりに結構多いので、それは好みの問題でしょうか?僕の味覚がそんなにひどいわけではないのかな?と思い、少し安心しました♪

僕も負け組みなのだろうと思うのですが、勝ち負けよりも美味しい珈琲が飲みたいです。
人生を楽しんだ人の方が勝ちだろうと勝手に思っています。。。


>rucolaさん

確かにスタバで珈琲を飲むことは、今はまだかっこいいような感じがします。
カフェが流行遅れになることもあるかと思いますが、流行に左右されずに珈琲はずっと続けて行きたいと思います。
カフェの今後について、あまり考えたことがなかったので
とても参考になりました。ありがとうございます。


>ロデムさん

自分が珈琲に惹かれた理由は何だったかを、一度整理してみようと思って書いたのですが、ロデムさんも同じ気持ちを持っていたなんて、書いてみてよかったです。
珈琲のおかげで毎日がなんだか楽しくなったように思います。
  1. URL |
  2. 2006/02/18(土) 21:49:48 |
  3. チバ #yVg3bVls
  4. [ 編集]

ハンドボール

ハンドボールを探すなら http://www.tsunamiya.com/101070/214668/
  1. URL |
  2. 2008/09/14(日) 06:09:22 |
  3. #-
  4. [ 編集]

円形脱毛症ダイエットについて

円形脱毛症とは頭髪が部分的に抜け落ちることを指します http://dandelion.crosstudio.net/
  1. URL |
  2. 2008/10/15(水) 19:47:42 |
  3. #-
  4. [ 編集]

国際ボランティアと30代,40代の転職

国際ボランティアは、世界中で困っている人のために、ボランティアとして開発や教育などを援助する http://bind.rcrane4law.com/
  1. URL |
  2. 2008/12/02(火) 23:30:02 |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://theftones.blog49.fc2.com/tb.php/10-8ea0494f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

chiba@theftones

Author:chiba@theftones
珈琲の焙煎をはじめてまだあまり長くありません。
いろいろな方に珈琲を教わりながら
珈琲を勉強しています。
珈琲に関することをここに書いていきます。
間違いなど多くあると思うので
ご意見やご指摘を頂けるとありがたいです。
自分の為に書いているので
ここに書く内容は大変つまらないものではないかと思います。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。